コンサルティングのistm株式会社

コンサルティングファームの先端で10年の経験

pprfpht2011

私は戦略/新規事業とIT系のコンサルティングファームの先端的な領域で約10年の経験と、企業での実務経験の双方を持ち、IoTはじめIT全般、環境など多くの成長分野に取り組んでまいりました。

コンサルティングのistm株式会社は戦略、新規事業、IT、マーケティングにワンストップで対応でき、かつ、間接費など無駄なコストを抑えた構造のため、費用対効果に優れたコンサルティングをスピーディーに提供できます。

中小企業/中堅企業から大企業まで、地方都市含め、幅広くお役に立たせて頂ければ幸いです。お気軽にご相談ください。

istm株式会社 代表取締役/コンサルタント 石橋 知久

 

戦略、新規事業、IT、マーケティング、成長分野/変化対応に

経営企画の支援/強化に

成長分野/変化対応に

  • 調査/リサーチ (新規分野、成長市場/成長分野、新ビジネスモデル、新技術、新マーケティング手法など)

成長分野に強い参謀として

 

予算は20万円から活用可能

本質的なポイントに絞ってコンサルティングを提供する簡易な基本コンサルティングサービスは、20万円(税別)から活用可能です。

 

コンサルタント

私はコンサルティングファームを中心に、戦略、新規事業、IT、マーケティングのそれぞれの領域にて、多くの第一線のプロフェッショナルの方々と密度の濃い仕事をさせて頂いた稀有な経験を持ちます。

これはクライアント企業のお力あってのことですが、キャリアを通じ、売上拡大、新たな販売チャネルの確立、新規事業の立ち上げ、業務の効率化、コスト削減などの成果実現に貢献してまいりました。

また、戦略、新規事業、IT、マーケティングの領域で実際に実務経験も持ち、社員数名の企業からグローバル企業まで、都市も地方も知っており、いささかユニークな存在ではないかと存じております。

特に成長市場、新しい分野への取り組みを得意としており、会社/事業やお取組みをより良くするお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

istm株式会社 代表取締役/コンサルタント 石橋 知久

 

経歴

大学卒業後、世界4大会計事務所(Big4)系ITコンサルティングファームに入社。ITを起点に、業務プロセス(BPR:ビジネスプロセスリエンジニアリング)、新規事業、経営戦略、マーケティングのコンサルティングに6年余り従事。グローバル企業からベンチャー企業まで、幅広いクライアントにコンサルティングを提供。自らも新規事業部門に参画し、新規事業立ち上げやジョイントベンチャーへの参画も経験。

流通小売業に転じ、ブランディング、広告、販促、販売、新商材開拓、輸入、EC(インターネット通販)構築/運営の実務に約3年間従事。新商材開拓とともにヨーロッパ各国の見本市、美術館等を訪問しアートやデザインへの造詣も深める。

戦略/新規事業に特化した先進的なコンサルティングファームに転じ、新規事業、戦略、マーケティングのコンサルティングに約3年間従事。戦略系コンサルティングファーム出身者やベンチャー経験者などとともに成長分野でのプロジェクトに数多く参画。事業部リーダー(ゼネラルマネージャー)として、フレームワークの開発、仕組み作り、メンバー育成、事業部運営にも従事。

スマートフォンアプリの開発/運営を自身で開始し、世界各国に5本以上リリース後、2011年10月に当社を設立。

キャリアを通じて、クライアント企業の経営者/メンバーの皆様に恵まれ、多くのプロジェクトの成功や、クライアント企業の成長に貢献。

共著書: 「Eビジネス経営」 東洋経済新報社 (2000年、第4章担当)

慶應義塾大学、県立富山高校卒業

TOEIC 850、日商簿記2級

 

主なプロジェクト経験

1. 機能別

-戦略

・事業戦略
・マーケティング戦略
・アライアンス(提携)戦略

-新規事業

・新サービスの事業開発
・ITサービスの事業開発
・新販売チャネル構築
・新商材導入

-IT

・EC(インターネット販売)
・基幹業務システム(会計、調達、販売等)
・先端IT技術に関するリサーチ

-マーケティング

・インターネットマーケティング
・ブランド商材のマーケティング
・企業の社会的責任(CSR)に関するマーケティング

ほか多数

2. 業種別

-情報通信業
-サービス業
-製造業
-流通小売業
-公共/自治体

 

基本コンサルティングサービス

戦略、新規事業、IT、マーケティングなどのテーマについて、本質的なポイントに絞ってコンサルティングを提供する簡易な試しやすいコンサルティングサービスです。経営企画部門の支援、経営参謀/社外アドバイザーとしても最適なサービスです。

コストが大きくなりやすい調査分析/資料作成を必要最小限に抑えることで活用しやすいコンサルティング料金となっており、専門的な訓練を受けた高品質なコンサルティングを少量から活用可能と言う点で市場ではなかなか見つからないサービスと考えております。

 

基本コンサルティングサービスのテーマ(一例)

  • 事業の成長に向けた検討

市場の変化、競合の動向、貴社の強みなどを踏まえ、事業戦略上の施策の検討を行います。

より本格的なサービスは戦略コンサルティング

  • 売上拡大に向けたマーケティング施策の検討

ターゲット層へのアプローチに効果的なメディアやツール、マーケティング施策や、売上の取りこぼしなどの機会損失がないかの検討を行います。

より本格的なサービスはマーケティングコンサルティング

  • 新たなビジネスチャンスの検討

貴社の経営資源/強みを把握した後、市場の変化や成長分野を踏まえ、新たなビジネスチャンスがないかを検討します。

より本格的なサービスは新規事業コンサルティング

  • ITを活用した生産性向上やコスト削減の検討

販売に直結するデジタルマーケティング、販売/在庫/物流/会計管理など、最新のITを活用してさらなる生産性向上やコスト削減の余地はないかを検討します。

より本格的なサービスはITコンサルティング

  • 成長分野や事業に影響する新たな変化/脅威の調査

経営戦略や新規事業を考える際におさえるべき成長分野や、事業に大きな影響を与えうる新技術やビジネスモデルなどについて概略の調査を実施します。

より本格的なサービスは調査/リサーチ

上記は標準的なテーマの一例です。ご状況やご要望を伺いカスタマイズいたします。他にもテーマは考えられますのでご相談ください。

経営企画などの各部門や個別プロジェクトへの定常的支援、地方対応も可能です。

 

基本コンサルティングサービスの進め方

原則的に週1回訪問し、1時間前後のディスカッション、コンサルティングを行います。各ディスカッションの前には、貴社のテーマについて予備的な調査や検討を行ったり、前回のディスカッションで頂いたご質問などへの対応を準備して訪問します。

コンサルティング期間は月単位、四半期単位など、ご要望に応じて調整いたします。1か月のみの活用も可能です。

 

基本コンサルティングサービスの料金

月額20万円(税別)。

首都圏以外の企業様の場合は、訪問頻度、交通費などの諸経費について別途調整をいたします。

 

戦略コンサルティング

戦略コンサルティングは、事業の成長に向け、市場の状況や変化、競合動向、自社の強みや経営資源を分析し、施策案を立案、経営戦略策定を支援します。

戦略立案にあたって、重要な切り口として次の様な視点が挙げられます。

  • 対象市場の動向は?成長している分野はないか?
  • ビジネスにインパクトをもたらす注目すべき変化は?
  • 競合企業の事業戦略や動向は?
  • 競争のルールを変えてしまう様な潜在的な脅威は存在しないか?
  • 現状の自社の競争力は?
  • 自社が活用すべき強みは?
  • 何が今後の成功要因となるか?

 

戦略コンサルティングの進め方

経営戦略コンサルティングのプロセス

この戦略コンサルティングサービスは、市場分析、競合企業分析、自社分析、成功要因分析を行い、施策案を立案するサービスです。

  • 市場分析

対象市場を概観しターゲット層のニーズや購買行動を分析、成長分野やターゲット層の意識/行動変化の兆しを捉え、今後の動向を分析します。また、最新ITなどのテクノロジーがもたらすインパクトを分析します。

  • 競合企業分析

競合企業の事業戦略や動向、経営資源や強み、市場の変化に対する競合企業の対応状況を分析します。また、競合となりうる潜在的な企業が存在する場合はあわせて分析を行います。

  • 自社分析

自社の経営資源や強み、市場の変化に対する自社の対応状況を分析します。

  • 成功要因分析

今後の事業の成功においてキーとなり、経営資源を重点的に配分すべき成功要因を抽出します。

  • 施策立案

ここまでの分析から、施策案を立案します。

 

戦略コンサルティングの所要期間

約1~2か月

地方対応も可能です。

 

戦略コンサルティングの料金

所要期間と関与度合いにより個別見積もり

 

新規事業コンサルティング

新規事業コンサルティングは、成長分野と自社の経営資源から新規事業シーズを抽出し、経営戦略や自社の強みを踏まえて新規事業立案を行い、新規事業立ち上げを支援します。

既存市場の飽和に伴い、新商品や新サービスの立ち上げなど、新規事業開発がより一層求められる様になりました。これまで培われた自社の強みや経営資源を改めて見直し、新たな成長市場や技術革新に広く目を向けて新規事業シーズ(種)を発掘、機会を逃さず企画、事業化していくことがポイントになります。 新規事業立案にあたり、重要な切り口として次の様な視点が挙げられます。

  • 有望な成長市場は?
  • 何らかの変化による事業機会は存在しないか?
  • 先行事例や競合動向は?
  • 自社の強みや経営資源をどの様に活用するか?
  • 具体的な顧客は誰で、どの様に収益を得るのか?

 

新規事業コンサルティングの進め方

新規事業コンサルティングのプロセス

この新規事業コンサルティングサービスは、自社分析、成長市場分析、先行事例分析を行い、新規事業企画を支援するサービスです。

  • 自社分析

自社のビジョンや戦略を把握し、第3者的視点で新規事業に活用可能な自社の経営資源や強みを分析します。

  • 成長市場分析

新規事業の成功確率を高めるため自社の経営資源や強みに適合する成長市場を分析し、新規事業シーズを抽出します。また、事業機会となる生活者や社会、技術の注目すべき変化を分析します。

  • 先行事例分析

想定される成長市場にて、先行する取り組みの事例を調査、顧客に提供している価値やビジネスモデルなどを分析します。

  • 新規事業企画

ここまでの分析に基づき、自社にとって有望な新規事業コンセプト案と、ビジネスモデル案を複数企画します。

 

新規事業コンサルティングの所要期間

約1~2か月

地方対応も可能です。

 

新規事業コンサルティングの料金

所要期間と関与度合いにより個別見積もり

 

ITコンサルティング

ITコンサルティングは、経営戦略や事業戦略に基づいて、IT戦略ならびにIT導入方針を策定し、ITソリューションの選び方を定義、リストアップ/評価、導入支援を行います。

今やITは経営に必須となり、場合によってはビジネスモデルを変えるほどのインパクトを持つようになりました。経営層やIT部門では、次の様な検討をされているかと推察します。

  • 中長期的にIT投資をどのように行っていくべきか
  • ITの進化は自社のビジネスモデルにどのような影響をもたらすか
  • 事業/プロジェクトの目的に対し、ITをどう導入/活用すべきか
  • クラウドサービスを活用すべきか、自社で開発/運用すべきか
  • ITコンサルティング会社に依頼すべきか、システムインテグレーターに依頼すべきか、自社で対応すべきか
  • 何を評価基準/KPIとすべきか

このITコンサルティングサービスでは、ITに関する幅広い経験に加え、経営戦略、マーケティングへの深い理解に基づくコンサルティングを提供します。

 

ITコンサルティングの進め方

IT戦略コンサルティングのプロセス

  • ヒアリング

    経営戦略、事業戦略、自社の経営資源、および現状のITシステムや課題についてヒアリングを実施します。

  • IT戦略立案

    ヒアリング内容を踏まえ、経営戦略、事業戦略の目標に貢献するために、ITのどの領域に、どの様な優先順位で投資を行うか等を定義するIT戦略を立案します。

  • ITソリューションのリストアップ

立案したIT戦略に基づき、適用可能なITソリューションをリストアップします。

  • ITソリューション評価

IT戦略に基づいてIT導入の評価基準を設定し、その基準に基づいてITソリューションを評価、候補を絞り込みます。

  • ベンダー選定/導入支援

選定したITソリューションに関し、実際のITソリューションの開発/導入、運用を行うベンダーの選定支援および導入時のアドバイスを行い、目的に合致したIT導入を支援します。

 

ITコンサルティングの所要期間

状況とご要望を伺い、フレキシブルに関与形態を設計します。

地方対応も可能です。

 

ITコンサルティングの料金

所要期間と関与度合いにより個別見積もり

 

マーケティングコンサルティング

マーケティングコンサルティングは、ブランド戦略を含むマーケティング戦略の立案から、従来型メディアの活用に加えスマートフォン/タブレットなどに対応したデジタルマーケティング施策の企画までを支援します。

テレビや雑誌といった従来型のマス広告がマーケティングの主流であった時代から、スマートフォン/タブレットが中心的な役割を果たす時代になりました。また、データを最大限に活用、仮説検証を繰り返し最適化するデジタルマーケティングもその効果を高めています。

マーケティング戦略立案にあたり、重要な切り口として次の様な視点が挙げられます。

  • 生活者とそのメディア接触に関する変化は?
  • 自社のブランディング、商材に適した各メディアの活用方法は?
  • 各メディアの最適な組み合わせは?
  • スマートフォン/タブレットの特徴は?
  • マーケティング施策の分析と最適化にどのような手法、ツールを活用すべきか
  • 何を施策の評価基準/KPIとすべきか

このマーケティングコンサルティングサービスでは、経営戦略の知見とともに、ITに関する実務経験や深い理解に基づくコンサルティングを提供します。

 

検討するマーケティング施策 (一例)

  • 従来型メディアとデジタルメディアを組み合わせたブランディング
  • Webマーケティングにおける分析や最適化
  • 動画(リッチコンテンツ)の活用
  • 費用対効果の高いスマートフォン/タブレット広告の実施
  • デジタルサイネージやAR(拡張現実)の活用
  • 商品開発・販促におけるソーシャルメディア、位置情報との連動

 

マーケティングコンサルティングの進め方

マーケティング戦略コンサルティングのプロセス

  • ヒアリング

事業戦略、ブランド戦略、商材、自社の経営資源、マーケティング関連業務についてヒアリングを実施します。

  • マーケティング戦略立案

今回の取り組みの目的からターゲット層を選定、その価値観や行動特性、メディア接触状況、対応/注目すべき変化などを分析し、ブランド戦略と一貫性のあるマーケティングコンセプトを立案します。

  • マーケティング施策立案

立案したマーケティング戦略に基づき、マス広告、Web、インターネット広告、動画、ソーシャルメディアなどから最適なメディアを選定、組み合わせを検討、具体的なマーケティング施策を立案します。また、成果を高めるマーケティング系のITソリューションの活用も検討します。

  • 評価基準/KPIの定義

マーケティング施策実行後に、その効果を測定しPDCAにつなげる評価基準/KPIを定義します。

 

マーケティングコンサルティングの所要期間

状況とご要望を伺い、フレキシブルに関与形態を設計します。

地方対応も可能です。

 

マーケティングコンサルティングの料金

所要期間と関与度合いにより個別見積もり

 

調査/リサーチ

新規事業、成長分野/成長市場、経営戦略、IT、マーケティングなどについての調査/リサーチを支援します。海外動向、海外企業事例についても英語情報を通じ対応可能です。

 

調査/リサーチのテーマ (一例)

  • 新規分野、成長分野/成長市場

新たに立ち上がりつつある新規分野、成長分野/成長市場について、市場の概況や見通し、主要なプレイヤーや技術など、参入の検討/参考情報となる調査/リサーチを行います。

  • 新技術

IT全般について最新動向の調査/リサーチを得意とし、事業へのインパクト、適応可能性を分析します。また、ITに限らず各種新技術の動向調査も可能です。

  • 新ビジネスモデル

海外事例を含み、新たなビジネスモデルの調査分析を行います。表面的な調査でなく、戦略、オペレーション、技術、マーケティングといった適切な分析の切り口をもって本質的な調査/リサーチを行います。

  • 新マーケティング手法

ITを活用したデジタルマーケティングをはじめとして、新たなマーケティング手法の調査/リサーチや適用方法の検討を行います。

上記テーマは一例です。状況や目的をお伺いし、オーダーメイドでメニューを立案いたします。

 

調査/リサーチの所要期間

約2週間~2か月

地方対応も可能です。

 

調査/リサーチの料金

所要期間と関与度合いにより個別見積もり

 

会社概要

会社名(呼称)  istm株式会社 (アイエスティーエム)
所在地  〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 麻布グリーンテラス5階
設立  2011年10月
資本金  200万円
代表者  代表取締役 石橋 知久
事業内容  経営コンサルティング
お問い合せ  お問い合せのページへ (営業、ソリューション/人材採用提案はお控え願います)

プライバシーポリシー

 

弊社の特長

先進的で高品質なコンサルティングを少量から

成長分野の先進的な取り込み

事業戦略/成長戦略、新規事業では追い風の吹く成長分野に先んじて参入することが成功へのキーとなります。弊社は新たな成長分野へのアプローチを得意とし、成長分野の先進的な取り込みを支援可能です。

高品質かつ少量から活用可能なコンサルティング

従来、高品質なサービスを提供するコンサルティングファームの活用は大企業に限られました。弊社は成果に直結しない間接コストを抑制、本質的なポイントに集中、少量から活用可能とすることで、大企業はもちろん、中堅企業/中小企業にも高品質なコンサルティングを小予算から提供します。

実務に基づくコンサルティング

実務への感度や経験に乏しいコンサルティングはまず成果につながりません。一方、クライアント側の経営層や実務者の経験、ノウハウ、情熱に、実務への敬意と経験を持つコンサルタントの専門性が組み合わさった時には大きな成果が生み出されます。

 

提供するメリット

1. 成果最優先のコンサルティング/実行支援

専門的な訓練を積み、企画、調達、商品開発、広告、販売、会計の一連の実務経験も持つコンサルタントが成果を最優先したコンサルティングと実行支援を提供します。

2. 成長分野への対応力

成長分野へのアプローチ方法に習熟し、ITをはじめとした成長分野における豊富な実務経験も持つコンサルタントがサービスを提供します。

3. クライアント企業へのノウハウ蓄積

課題へのアプローチ方法と実際の検討結果の確認を通じたり、クライアント企業側メンバーと協業するハンズオン型支援も可能で、社内へのノウハウ蓄積にも貢献します。

4. スピード

圧倒的なスピードが求められる環境の中で培われたスキルと、戦略、新規事業、IT、マーケティングへのワンストップ対応でスピーディーにサービスを提供します。

5. コスト抑制

成果に直結しない間接的なコストを抑制し、戦略、新規事業、IT、マーケティングにワンストップで対応可能なため、コンサルティング会社活用のコストを抑制できます。